「もろ刃の剣」のレバレッジ!あなたは何倍にする??



gori0i9a3217_tp_v

■長期保有ならレバレッジは低く!

なるべく長くポジションを持ち続けるのを目標にしているスワップ派やスイング派は、高レバレッジは厳禁です!例えば、ドルやユーロなど、通貨の取引量が多く値動きが小さい通貨なら3倍にしてもOKですが、取引量が少なく、変動の大きいリラやランドなんかは3倍のレバレッジでもハイリスクです。

レートを見ていると、瞬間的に3%程度動くことはよくあります。ということは、レバレッジを10倍にしていると値動きも10倍になるので30%程度の値動きは覚悟をしてポジションを持つ必要があります。

 

■変動リスクも計算すればわかる!

別記事で書いた、標準偏差はレバレッジを何倍にするかを考える時に役立ちます。例えばドルが1標準偏差は5.0円だとして、レートが1ドル=100円。つまり、1標準偏差はだいたい5%です。そうすると、2標準偏差が10%なのでレバレッジを1倍にしても1年間で10%くらいは動く可能性があると判断できます。

これにレバレッジを3倍かけると、30%の変動リスクがあるということです。逆に30%まで損をしても大丈夫だと思える人はレバレッジを3倍にしてOKということです。

 

■デイトレードは高レバレッジでもOK!

デイトレードの場合は、損切りの注文さえいれておけばレバレッジを上げてもOKです。ただ一日の変動率が大きい通貨はエントリーポンイントを見極めて入らないと意味のないところでストップにひっかかってしまします。

1日のボラが高い通貨は、どのくらい動くのかをみて、安全な範囲に損切りを置いておかないと損切りばかりで損切り貧乏になっちゃうので注意が必要です。損切りばかりで資産を減らさないようにしましょう。自分の相場まで値が動くのを待つのも投資です 笑

コメントを残す




CAPTCHA