売り!買い!が一目でわかるテクニカルチャート♪



■テクニカル分析って??

FXをする上でかかせないのがテクニカル分析です!

初めての方はなんじゃそれ??ですが、簡単に言うとどのように値動きをするのか予測することです。

テクニカル分析は、過去の価格や時間など、色んなデータをもとに作られた「テクニカル指標」を使って、将来の相場動向を予測するものなんです。将来の予測なんて占いみたいですが、占いにも「手相占い」や「星占い」があるようにテクニカル指標にも「移動平均線」や「MACD」、「RSI」なんかがあり、これらの指標がこれから相場はこう動くと思うよ~!なんて教えてくれるわけなんです。

占いもテクニカル指標も共通点ははずれることもある!ってことです。しかし、このテクニカル指標を学ぶことによりFXの勝率を5割から6割・7割へと引き上げてくれるんですね。

 

■テクニカル指標にも得意分野がある!!

相場をナビゲートしてくれるテクニカルチャートにも色んなタイプがいます。大きく分けると「順張り」が得意なタイプと「逆張り」が得意なタイプと分かれます。

順張りのタイプは「この流れに乗って、相場の波についていけ!」って指示を出してくれるタイプ。逆張りのタイプは「今は上がりすぎ(下がりすぎ)だから、逆をついて儲けろ!」って指示をくれるタイプ。

順張りの代表格は「移動平均線」「一目均衡表」「MACD」なんかです。逆張りの代表格は「移動平均乖離率」「ボリンジャーバンド」「RSI」などが代表格です。あなたはどちらのタイプのトレードスタイルなのかで選ぶテクニカルチャートを使うといいですね。

 

■テクニカルチャートは組み合わせることで精度が上がる♪

上で書いたようにテクニカルチャートによって得意分野が違います。さらに相場には絶対がありません。つまりテクニカル指標が上を指しているから買いだな!!って注文出したら反対に値が動くなんてザラにあります。

そこでどうするか?いくつかを組み合わせて使うことでその予測の精度を高めていきます!とはいいつつも全ての指標を理解し分析するには莫大な時間がかかっちゃいますので管理人が大事だと思われる有名どころだけを紹介しますね。

ちなみに管理人はシンプルでわかりやすい「移動平均線」と「一目均衡表」を組み合わせでトレードを行っています。あなたも是非いろんな組み合わせを試してみて、しっくりくるテクニカル指標を使ってトレードをして下さい!!

コメントを残す




CAPTCHA