トレンドの発生・転換を捉えるエース!MACD♪



2016y11m18d_214521671

MACDはトレンドを追うのが得意な順張り系の指標です。

移動平均を改良したもので、MACDと、MACDの移動平均線である「シグナル」の2つの線から買い・売りを判断します。

売買サインを読むのは簡単!MACDが0ラインより上で、向きが上から下に向いてシグナルラインを下抜けた時は「売り」、0ラインより下で、向きが下から上に向いてシグナルラインを上抜けたときは「買い」です。

簡単ですね♪

MACDの右端にはメモリがあります。マイナスが大きいほど値を下げた後ということになり、発動で上がりだすと勢いよく上がることが多々あります。

つまり、下に深いところでのサインほど大きな反発が期待できるということなんです。MACDはクロスだけでなく「角度」と「深さ」も重要になんです。

 

FX基礎用語

MACD:MACDは移動平均による分析を発展させたもの。移動平均線は「過去の一定期間の平均値を単純に計算したもの」ですが、MACDで使われる平滑移動平均は、直近の値をより重要視しています。最近の動きの方が重要だと考えているからなんですね。

 

 

コメントを残す




CAPTCHA