為替状況!




昨日の為替相場は東京タイムで断続的なドル円買いやフィラデルフィア連銀総裁の3月利上げ示唆発言からドル円は113.70円、ポンド円で141.52円まで上昇しました。

欧州タイムでもドル円は113.77円まで上昇も欧州やオセアニア通貨は下落しポンド円は140.86円まで下落しました。

ただ特に材料はなくドル円は113.40円まで下落も原油高、NY株の続伸、米金利の上昇で113.62円まで戻して終了。
ポンド円も材料はなかったのですがFixに向けてのファンドの買いで141.75円まで急伸し141.69円で終わり続伸です。

NYでは買い材料が揃いましたが既に東京でドル円は上げてましたので動きなしでした。
ユーロはフランス大統領選絡みで大幅安でした。

今日はFOMC議事録があり、注目ですね。

 

今週は月曜日がNYが休場でほとんど動きもなかったのでノートレード。昨日はドル円を欧州から売りで入りましたが、ストップを取られて、−15pipsでした。

今日の目線はドル円はスクエアで他の通貨も狙っていきたいと思います。

今日も頑張りましょう!




コメントを残す




CAPTCHA