為替状況!



ふ昨日の為替相場は、ムニューチン米財務長官のTVインタビューの影響で市場が右往左往しました。

「成長にとって最も重要なのは税制」、「3%成長が可能」とドルにとってポジティブな発言でドル買いにつながるコメントが出た一方、「長期にわたり低金利を続ける可能性」とドル売りのコメントが出たため、結果的にはドルが重い展開になりました。

ドル円は113円前半から、112円後半にあったストップを巻き込んで112.55円まで大きく下落。

昨日はトランプ大統領が「中国は為替操作のグランド・チャンピオン」と中国に対しては為替に言及しましたが、日本に対しては特になかったですね。最近トランプ大統領の発言には敏感になりますね。

その後は株高も有り下げ止まり今はドル円は112.70円付近、ポンド円で141.40円付近で動いています。

昨日は米財務長官に振り回された感じでしょうか。結局、ドル安、ポンドの全面高でした。

今日は売り目線で見ていきますが、少し様子を見ながらエントリーしたいと思います。恐らく東京タイムはあまり値は動かないんじゃないかな。と思っています。欧州あたりから狙っていきたいですね。

今日も頑張りましょう!




 

 

コメントを残す




CAPTCHA