為替状況と昨日のトレード♪



昨日の為替相場は東京タイムでは、前日の米ADP雇用統計を受けての3月利上げ観測の強まりからドル円は114.59円、ポンド円で139.41円まで上昇となり円安の動きとなりました。

欧州タイムでも米金利高からドル買いの動きでドル円は114.93円まで急上昇、ポンド円はドル円高に連れ139.75円まで上昇しました。

ECBは金融政策を据え置いた事でユーロドルは売りで反応しましたが欧州の経済成長を示唆、デフレリスクが低下との発言で買いで上昇しました。
ユーロ高でドル円は114.51円、ポンド円は139.18円まで下落も米金利が上昇しドル円は114.97円、ポンド円で140.01円まで上昇しリスクオンの円安の動きとなりましたが上値は固く抑えられた形で終わりました。

昨日は円安が進行しましたね。
今日は115円を越えて走る事が出来るか注目です。重要な指標は米雇用統計です!

 

昨日のトレードですが、3回トレードを行いました。

まずはポンドル。1時間足でのトレード。1.2202から高値を切り下げて、安値も1.2172から下げているので下降トレンドと判断。MA20に当たったところでエントリー。

損切りは直近高値の少し上、1.2175に置き、利確は安値に置きました。lotは10.0。

時間はかかりましたが予定通り利確。+1057円

続いてポン円。4時間足でのトレード。高値、安値が綺麗に下がっている下降トレンドと判断。MA20に当たったところでエントリー。

損切りは直近高値の少し上、139.55に置き、利確は安値に置きました。lotは5.0。

欧州タイムの米金利上昇による噴き上げにより、ストップを取られ、−1465円。

その後、ポン円は押し目買いを狙い、+926円

最後はオジドル。1時間足でのトレード。綺麗な下降トレンドと判断。MA20に当たったところでエントリー。

損切りは直近高値の少し上、0.7525に置き、利確は安値に置きました。lotは10.0。

こちらは一瞬の上げでストップにかかり、−1108円。上げたのはこの瞬間だけで下降トレンドは継続しています。

朝の段階では、予定の利確ポイントまで下がっているので金額的には残念ですが、イメージ通りの動きはしてくれているので相場観は外れていないので良いトレードだと思っています。

ポン円だけは完全に外してしまっているので、今日は値動きをしっかり追っていきたいですね。

今日は朝の段階でドル円を買い、オジドルを売り、ユロオジを買い目線で見ていきたいです。でも東京タイムは動かないんだろうなぁって思ってます 笑

欧州からはチャートの形も大きく変わるのでトレード通貨は変わるかもですが...。

米タイムまでには手仕舞いたいですね!

 

管理人が使っているFX会社はこちらです。

→XMの口座開設はこちらから




 

コメントを残す




CAPTCHA