もみ合い相場はお任せを!でも大きく動く相場は苦手なの



2016y11m20d_000900577

ストキャスティクスはオシレーター系の指標で逆張りが基本の指標です。

反応の早い「ファーストストキャスティクス」と反応をゆるやかにした「スローストキャスティクス」の2種類がありますが、どちらを選ぶのかは好みですね。比較的逆張り系の指標は「反応の速さよりダマしの少なさが重要」と考えるトレーダーが多く、スローを使っている方が多いのではないでしょうか?

これもRSIと同様で相場の上がりすぎ、下がりすぎを教えてくれます。おおよそ85%を超えると高値圏にあると判断し、15%ラインを下回ると安値圏と判断します。この指標は、もみ合い相場では有効ですが、一方的に動く相場では上下に張り付いてしまって、役に立たないのが欠点です。

ボリンジャーバンドやRSIの逆張り系の指標は「売られすぎ」のサインで買うと、トレンドの勢いに負けてしまうことが多いです。なので「トレンドがどちらを向いているのか」を見るための指標、移動平均線やMACDを併用して相場の方向性を確認しながらエントリーすると信頼度が高まります。

ただ、ストキャスティクスが85%以上になると「高値圏にある」という意識は必要だと思います。それは下がるということではなく、注意をしておくということです。

その一方で、85%を超えるということは「上昇の勢いがある」とも考える。どうしたらいいか悩んだときは、トレンド系の指標の出番です。

スローストキャスティクスはもみ合い相場ではかなり信頼度が高い指標なので、もみ合い相場では教科書どおりのサインに従って、一方的な苦手な相場では他のトレンド系の指標と併用するとがおすすめです。

コメントを残す




CAPTCHA