XMがおすすめ!


国内FXより海外FX(XM)がおすすめな理由

XMならではの888倍のレバレッジ

レバレッジとは、テコの原理のように、預けた金額の数倍でトレードを可能にする倍率のことです。

例えばレバレッジが10倍の場合、1万円を預けて10万円分のトレードが出来ます。

国内のFX業者では現在最大25倍まで規制されています。

株ではなくFXをする醍醐味というのは、レバレッジをかけてトレード出来ることですが、レバレッジ規制がさらに厳しくなると、投資対象としてFXを選ぶ意味がなくなってしまします。

FXはレバレッジのお陰で少ない投資金でも、億のレベルまで資金を増やす事が出来るので、レバレッジが低いのはかなりの問題です。

しかしXM、では最高888倍のレバレッジで取引が可能です!

888倍のレバレッジでも借金を負うことがない!

ホームページは888倍の高いレバレッジをかけて取引ができる上に、ゼロカットシステムがあります。

FX初心者の方は海外口座を開く事に少し危険なイメージがある方もいるかと思いますが、XMはゼロカットシステムを採用しているので、追証(掛金以上の借金を負う)を負う事がないのです!

ゼロカットシステムとは、証拠金が0%を下回った時にその借金をXMが全て負担してくれるシステムです。

実は、国内のFX業者は低いレバレッジの割に、追証を負う可能性があるのです。

国内のFX業者は、ゼロカットシステムを採用していないので、相場が急激な変動を起こした場合に借金を負う場合があります。この借金を負うことを「追証」と呼びますが、

以前は、スイスフランショックなどが発生した時に、国内業者を使用していたFXトレーダーの方は、多額の追証を支払うことになり話題になりました。

XMはロスカット水準が国内FX業者よりダントツに低い

ロスカットとは強制的にポジションを決済されるシステムです。

ある一定の水準まで証拠金維持率が下回った場合に、FX業者はポジションを強制的に決済、損切りが行われます。そしてこの強制決済される基準が「ロスカット水準」と呼ばれるものですが、

ロスカット水準は各FX業者毎に異なります。

株のように、ポジションを持ったら一生持ち続ける事が出来ないので、ロスカット水準が低いということは非常に大事な要素です。

ロスカット水準が低いと、仮にマイナスなポジションを抱えていても持ちこたえることが出来るのですが、国内のFX業者のロスカット水準は、

証拠金維持率が50%〜100%に設定されている場合が多いです。

しかしXM、はロスカット水準が国内業者に比べてかなり低く、証拠金維持率が20%という低いロスカット水準を適用しています!

Mac対応のMT4が使える!

現在はMacを使用しているFXユーザーの方も増えてきており、XMはMacでも使用出来るMT4が使えます。

XMは信託保全

XMが仮に経営不振に陥り破綻しても、信託保全システムを採用しているのでXM、へ預け入れている金額は返還されます。

XMは、顧客の資産を守るため最大100万ドル、日本円にして約1億円までカバーされるAIG保険に加入しています。AIGはニューヨークに拠点を置く優良保険会社で世界優良企業2000社番付で全業種の中でも42位にランキングされている優良企業です。

迷っていたらXM!

ここまでしっかりとカバーしているFX業者のXM

海外口座を開設をご検討中の方はXMで新規口座の開設をすることをおすすめします。

コメントを残す




CAPTCHA