為替状況



米感謝祭でNY休場の米タイムは、取引参加者が少なく、トランプ相場のリスクオンを意識した円売りが続いています。

 

ドル円は113円半ばまで上昇し、クロス円もじり高となり、ユーロ円は119.77円、ポンド円は141.30円、円安となりました。

 

今日のドル円はNY市場がブラックフライデーとなり感謝祭から始まるロングウィークエンドとなりますから、動きづらいでしょうね。ドル円は、感謝祭で閑散取引となったNY市場で113.53円まで上昇し、114.00円のオプション・バリアーへの買い仕掛けが見られたものの失速しています。

 

今日のリスクシナリオは、閑散取引の中での114円のオプション・バリアーへの買い仕掛けに警戒になりますね。オーダー状況は、114.00円にドル売りオーダーとオプション・バリアーが控えています。

 

ユーロドルは、米欧金利差拡大という経済的要因とイタリア国民投票という政治的要因で下落トレンドを形成中で、売り圧力が強まりつつあります。オーダー状況は、1.0500ドルにオプション・バリアーが控えていて、売り仕掛けに警戒が必要そうです。

 

昨日は押し目買いを狙っていましたが、ポジを取れずにノートレードでした。押し目待ちに押し目なし!といった感じです!

 

今日も買い目線で狙っていきたいですが、昨日と同じ状況が考えられます。12月14日までは同じ感じかな〜 泣

 

 

 

コメントを残す




CAPTCHA